名義変更の方法

厚木市の土地の名義変更の方法

厚木市の土地の名義変更は、所有者から別の誰かに名義を変えることです。法務局で配布されている必要書類に記入して提出することで、変更することが出来ます。対象となる土地の所有者の名義を変更することで、第三者にも所有権の主張が出来るようになります。基本的には個人で手続きを行うことができ、変更する種類によって用意する書類が異なります。複雑な手続きになる場合は、司法書士などの専門家に依頼します。依頼する専門家によって費用は異なりますが、数万円で依頼することが出来ます。名義変更は遺産相続や生前贈与の際に行ったり、財産分与や土地の売買などのタイミングで行うことがほとんどです。生前贈与の場合は少しずつ贈与していくことで、税金の節約にも繋がります。

相続によって厚木市のものを取得した場合には、相続人が変更手続きと相続登記を行います。相続登記をするためには、所有者をきちんと確定するために登記簿謄本を取得します。相続人を確定するためには住民票と戸籍謄本を準備して、相続登記の申し込み書類を作成します。生前相続で譲り受ける場合では、譲受人が手続きを行います。相続によって厚木市の土地を変更するときと同じように登記簿謄本を取得します。受贈者を決定するために住民票と戸籍謄本を取り寄せて、変更の書類を作成します。財産分与や土地の売買の際にもこれらと同じように、変更のための書類を作成します。名義変更のための全ての書類が揃ったら、厚木市を管轄している法務局に提出します。用意する書類に不備はないのか、手続きに期限はないのかなどを事前に知っておくことも大切です。

不動産などの名義の変更を行うためには、法的な書類も必要です。契約などの法的な行為によって名義が変わってしまうので、それを法務局に書類で知らせる必要があります。法的な書類は契約内容や事情によって異なり、きちんと書類が揃っていないと手続きが出来なくなってしまいます。契約書を有効にするためにも、法的な書類は必ず揃えるようにします。厚木市の相続登記の場合は遺産分割協議書、生前贈与の場合は贈与契約書と贈与証書を用意します。離婚などの財産分与の場合には財産分与の契約書や、離婚協議書を準備します。売買の場合は、売買契約書です。専門的な手続きが多いので自分で積極的に調べたり、専門家に依頼するなどしてトラブルがないように手続きを進めるようにします。分からないことがあれば、積極的に質問するようにします。”