安く買うには

厚木で土地を安く買うにはどうする

厚木は神奈川県内にある市です。内陸部に存在しますが、比較的東京都に近い場所になりますので、全国的に見れば、土地などの不動産を購入するとなると、やや高い印象が拭えません。
ですが、仕事や生活をする上で、厚木に土地を購入しなければならない事態に遭遇するケースはあるものです。できるだけ安く買う手段がないのか、よく調べてから探し始めることをおすすめします。

厚木は全国の地価ランキングでは、2014年時点で175位であり、1886もの市町村の中では、かなり高い地価であることがわかります。上昇率に関しても、やや高い傾向にあり、これからも上昇を続ける恐れがあります。
将来の値上がりのことを考えれば、できるだけ早いうちに、厚木市内で物件探しを始めるようにすると、安く買うチャンスが大きくなるでしょう。

しかし、土地の場合には、中古住宅や中古マンションのように、建物が存在するわけではありませんので、地価が純粋に反映されやすく、不動産会社ごとの価格差があらわれにくい性質を持っています。厚木を始めとする、市区町村の地価については、国や地方自治体の評価額が毎年発表されており、その評価額を基準に、価格が決められているケースが殆んどです。

安く買うには公的な評価額が低い場所、つまり需要が少ない場所を選ぶのがよいですが、それでは場所が限定されてしまうことから、自由な選び方がしにくくなります。

ある程度住み心地のよい場所で、安く購入する手段として、値切りを利用する手があります。公的機関の評価額はひとつの指標でしかありませんので、販売する不動産会社への値切りの交渉自体は、自由に可能です。
値切りは売れ残っているものに対して行うのが有効です。分譲地で売れ残っている部分がよく見かけられますので、値切りがしやすい対象といえるでしょう。場所がよくても売れ残る理由として、面積が広くて価格が高過ぎる場合があります。値切ることに成功すれば、厚木市内で、大きな土地を安く購入できます。

土地などの不動産売買では、大きな金額が動く一方で、誰にでもすぐに購入できる商品ではないという特徴があります。よって、厚木のような地価の高い場所であるほど、売れないケースも目立ち、所有者が早く売りたいがために値切りの交渉に応じてくれる可能性が高まります。売り切れる前に早めに行動を起こし、売り手側の焦る心理を利用して、値切りを上手に活用してみましょう。”