生理用品の場合のつまり解決

生理用品を流してしまった場合のトイレつまり解決方法


トイレトラブルにも多くの種類がありますが、トイレつまりは特に起きやすいトラブルです。そしてこうしたトイレつまりのトラブルの原因は、まずトイレットペーパーを多く流してしまった、うっかり異物を落としてしまったなどが多くなっています。そしてティッシュなど水に溶けないタイプの紙を使ってしまうこともトラブルにつながります。水に溶けないタイプの紙は使用しない、異物を落とさないように注意する、紙の使用量が多いときには数回に分けて流すなどの対策をしておくとトイレつまりのトラブルはかなり防ぐことができます。ただ、うっかり異物を落としてしまうときもあり、生理用品を流してしまったなどは少なくないミスです。

通常は生理用品はトイレの汚物入れなどに捨て、そのまま流したりはしませんが、下着を脱いだときなどに便器の落としてしまうことがあります。生理用品は流してしまわないように慎重に取り扱うことが大切ですが、それでもうっかりのミスということはあるものです。
まず、生理用品の場合は、大量に流すものではありませんので、自宅でも対応できる場合がありますので、まずは落ち着いて行動しましょう。

まだ便器の手の届くところに引っ掛かっている場合であれば、取り除くことを考えてみましょう。
そして、すでに手の届かないところに入ってしまっているという場合も対応策があります。トイレつまりを簡単に直す方法としてはラバーカップの使用があげられます。ホームセンターやスーパーでも数百円程度から入手できるものですので、まずはこうした商品で対応してみましょう。良い効果を出すためには正しく使うことが大事ですので、使用方法はよく確認しておきましょう。

ラバーカップなどの商品でトイレつまりが解消された場合はまず安心ですが、それだけでは対応できないという場合もあります。
こうした場合は、無理に水を流そうとするとあふれてしまう場合もありますので、つまりが解消されていない間に水を流すことは避けましょう。

生理用品の場合は一部の商品を除いてトイレに流せないものですので、トイレットペーパーのように自然に溶けてつまりが解消されるということも難しくなってしまいます。便器を取り外して異物を取り除かなくてはいけない場合もあり、こうなると個人では対応することができなくなってしまいます。
どうしても解消できない場合は、できるだけ早く水道トラブルの対策業者に依頼しましょう。このとき、どのように詰まったのか、何を流してしまったのか電話で伝えておくとしっかり対応してもらうことができます。”