つまりで多い原因はウェットティッシュ

トイレつまりで多い原因の一つはウェットティッシュ


ウェットティッシュは水分を含んでいるため、大変便利な品物です。水がないところで手を拭くことができますし、洗うのとは違って手に水分がのこらないという点も便利なポイントの1つです。また最近ではトイレ掃除や台所掃除、床掃除用のウェットティッシュがたくさん販売されています。このようなものは洗浄成分がふくまれていることが多いため、とりだしてそのまま単品で使用でき、後片付けは捨てるだけと楽なことから使用しているご家庭は多いのではないでしょうか。

しかしながら、近年このウェットティッシュがトイレつまりの原因になっているということをご存知でしょうか。

トイレつまりの原因となっているものの多くは、トイレ掃除用として販売されているウェットティッシュです。トイレ用のお掃除シートというような名称で売られているものも多くみられます。多くの人はウェットティッシュという名前から想像すると、ティッシュペーパーのような紙でできていると思えるのではないでしょうか。しかしながらそうではなく、合成繊維、不織布のようなものでできている場合がほとんどなのです。手拭き用のものを取り出してみたときに、引っ張ってみると、紙ではなく繊維状であることがわかるのではないでしょうか。つまり名前からのイメージとは裏腹に、溶けるような性質は持ち合わせていないのです。しかしトイレ用のお掃除シートとして売られているものの中には、トイレに流せるようにして作られているものもあります。これは使用上の便利さを考慮してそうなっているわけですが、トイレ用のお掃除シートがすべて流せるように作られているかといえば、決してそうではありません。

私たちは日々テレビCMなどを見ることによって、「トイレ用のお掃除シート=そのまま流して処分できるもの」という図式が頭のなかで出来上がってしまっています。しかしながら現実はそうではないために、トイレつまりが起きているのです。トイレ用のお掃除シートのパッケージをみてみると、「トイレに流してしまうと、トイレつまりの原因になることがあります」というように注意書きがされているものも少なくありません。ここを見落としてしまっているので、トイレつまりを引き起こしてしまうのです。トイレ用のお掃除シートを購入するような際には、流せるものか、そうでないタイプかを注意して見分け、使用するように気をつけましょう。万が一誤って流してしまうと、配管内で詰まったままとれなくなってしまいますので、修理が大変になってしまいます。”