つまりには高圧洗浄

トイレつまりには高圧洗浄がおすすめ


トイレつまりにより水が逆流し、トイレが大惨事になるといった経験はないでしょうか。トイレつまりによる大惨事を防ぐための対応について考えてみたいと思います。トイレつまりの原因としては、便器の故障や物理的な配管のつまりが疑われます。トイレつまりといえば、おわん状の形をしたゴムに取っ手が付いたものにより便器に詰まったものを取り出すといった行動が想像できるでしょう。築年数が新しい(10年未満)場合のつまりの原因は、概ねうっかりにより通常流さないものがトイレに入ってしまい、詰まるといったケースが多いでしょう。

一方で築年数が10年以上経過した場合、一般の方には馴染みが薄いと思いますが、トイレつまりを日頃から防ぐといった問題意識を持った際には高圧洗浄が有効です。高圧洗浄とは、専門の機械を使用して配管(水が通る管)を洗うことです。専門の機械とは、テレビCMで流れて屋外などを洗浄している高圧洗浄機とよく似ています。但し、家庭用屋外洗浄機よりも、圧力を更にかけるために、ポンプ(圧力をかける機械)が車の荷台に乗せられているほどの大きさになっているケースが多いです。

さて、配管とは、上水・下水問わず通るものの成分によって管が詰まっていくことがあります。例えば、飲み水などの綺麗な水が通る上水道の配管でも、水道水の中に含まれるカルシウムや塩素によって配管が詰まったり汚れたりすることがあります。下水で考えてみても、水の成分によるものは上水と同様ですが、下水に流す固形物(排泄物・髪の毛)によって管中に水が流れにくくなることがあります。そのような時に、高圧洗浄を行い、配管を清掃することで管中に詰まった汚れ等を洗い落とすことができます。集合住宅(マンション・会社寮)では、メンテナンスのために数年に1回の頻度で実施している場合が多いです。一軒家としても新築から10年以上経過してかつ、①水道の出が悪くなっている、②飲み水の味がおかしい、③トイレつまりが発生する場合は、高圧洗浄の実施について検討したほうが良いと言えるでしょう。この作業により、下水道の通り道で発生していた異臭や、例えば台所など別の場所での異臭が収まる場合もあります。下水道とは、風呂・トイレ・台所・洗面台など使用済みの水が流れる管ですが、最終的に繋がっているケースがほとんどです。つまり、全ての配管を洗浄することで、管自体の水の流れが良くなり、トイレつまりが発生しにくい状態をつくることに繋がります。”